サントリー美術館へ

2016.12.03(22:38)

本日は日帰りで東京へ。

六本木・東京ガレリアにあるサントリー美術館で開催されている
「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」へ行って来ました。

先日行った角館出身の小田野直武を中心とする
秋田蘭画にかかわった方々の作品展です。

東京駅から有楽町へ、地下鉄日比谷線へ乗り換えて六本木へ。
案内表示を見ながらなんとか到着。
秋田蘭画展

秋田蘭画は江戸時代中期の安永年間の1872~1780に
秋田藩士らによって描かれた
遠近法や陰影を使った西洋絵画と中国由来の写実的な描写が融合した作品群です。

秋田蘭画の代表的な画家、小田野直武、当時の秋田藩主・佐竹曙山、
角館城主・佐竹義躬(よしみ)らの作品が並びます。
精巧な描写の植物や動物を手前に、奥にうっすらと景色を描き
奥行きを出す手法が特徴です。

描写が細かすぎて昆虫類の作品の前はささっと通り過ぎたほど(笑)

実は30年も前に一度やはり小田野直武らの秋田蘭画展を見たことがあります。
会場も同じくサントリー美術館でしたが、その時の場所は赤坂だったと思います。
今回は当時よりも規模も大きく見ごたえのある展示でした。
期間中に作品の入れ替えがあるので、できればもう一度来たいところですが
それは無理(笑)
直武の代表作である「不忍池図」に再会出来たことを良しとしましょう。

有楽町駅日比谷口のイチョウ並木。
日比谷のいちょう
関東ではまだ紅葉が残っているのですね。

おまけは恒例(?)東京駅の新幹線。
上越新幹線とき。
上越新幹線とき

北陸新幹線かがやき。
北陸新幹線かがやき

山形新幹線つばさ。
山形新幹線つばさ つばさ つばさ・紅花

新幹線勢ぞろい。
新幹線勢ぞろい
手前から北海道新幹線はやぶさ(秋田新幹線こまちと連結)
上越新幹線とき、東北新幹線はやぶさ、奥に東海道新幹線。

もうひとつおまけ。
仙台駅で、三日月と金星。
三日月と金星


衣替え?

2016.12.01(22:28)

今日から12月。
ブロ友さん方のお宅を回ると、テンプレートがすでにクリスマス使用

なので私も慌てて冬バージョンに変更。
毎年同じテンプレートですが「定番」ということで(笑)

年末にバタバタしないように、少しずつ掃除を始めないと。
・・と言いつつ、年の瀬が迫ってから焦って
なんとなく終わらせるのがいつものパターンです。
今年は納得いく掃除ができますように。

家族それぞれの冬休みも確定。
次男18日、私8日、夫6日、長男5日。
やっぱり学生は長いな~
(長男は研修中のため短いそうです。代わりに春休みが長いぞ~)


角館へ

2016.11.30(23:10)

今日の訪問先はこちら。
角館駅

仙台駅から秋田新幹線こまちで約1時間半、秋田県仙北市角館(せんぼくし・かくのだて)。
東北の小京都と呼ばれ、武家屋敷で有名な町です。
でも私の目的は武家屋敷の他に「小田野直武を追って」。

小田野直武は角館出身で江戸中期の画家、平野源内の紹介で解体新書の図版を描きました。
またのちに秋田藩主・佐竹義敦(曙山)らとともに「秋田蘭画」と呼ばれる画風を確立しました。

私が彼を知ったのは、みなもと太郎の漫画「風雲児たち」。
地方でほんの短期間でしたが輝きを放った秋田蘭画がとても心に残りました。
その後、東京で開催された秋田蘭画の展覧会へ行って
小田野直武や佐竹義敦の作品も見ました。

で、今回角館に行くにあたって出身地に残る直武を探してみたのです。
まずは彼の碑がある、という松庵寺へ。
松庵寺までは角館駅から徒歩で5分ほど。
お寺へ入ってすぐの場所に碑はありました。
小田野直武

写真を撮った後その傍らの「小田野直武の墓」との表示に気が付きました。
え? ここにお墓もあるの?
ちょうど庭仕事をしていた方に「小田野直武のお墓もあるのですか?」と伺うと
お寺の奥さんという方が案内してくださいました。

お墓は普通の墓地の真ん中にちんまりと・・
(すみません。写真が上手に撮れず、角館関連の記事とリンクしたかったのですが
アドレスが貼れません。また後程挑戦します。
「角館紀行 小田野直武の墓」で検索すれば記事を読むことができます)

お墓に手を合わせて次は生家跡へ。
松庵寺からは歩いて10分くらい、今は普通の家があるので石碑だけ。
小田野直武宅跡・弐
(これも写りが悪くて見にくいです。「小田野直武宅跡」とあります)

次は見学できる武家屋敷の一つ「青柳家」の中にある解体新書記念館へ。
複製ですが解体新書や、直武が若いころに描いた絵が展示してありました。

青柳家の庭にある小田野直武像。
小田野直武像
風雲児たちの直武を見慣れていた目にはスマート過ぎ?(笑)

ちなみに「風雲児たち」の直武はこんなキャラクター。
小田野直武
(「武助」は通称。本名が「直武」)



11月の備忘録

書籍
 荒木源 ちょんまげぷりん 小学館文庫 小学館

漫画
 柏木ハルコ  健康で文化的な最低限の生活4
 麻生みこと  路地恋花1~4(完) アフタヌーンコミックス 
 紅霞後宮物語~小玉伝~1 プリンセスコミックス 秋田書店
 波津彬子 ふるぎぬや紋様帳 2  フラワーコミックススペシャル 小学館

映画
 戦場のピアニスト(新・午前十時の映画祭7)
 華麗なる週末(ムービー・プラス)



プチ

2016.11.29(20:55)

今日は大安吉日。
なので宝くじ売り場は長蛇の列だろうな、と思いましたが、さにあらず。 
2~3人しか並んでいなかったので年末ジャンボを買おうと列の後ろに。

最近ジャンボ宝くじに金額は少ないけれど
当選確率が上がる「ミニ」があるは知っていましたが
今回は更に最高当選額が一千万円で
全部で千人に当たるという「プチ」が販売されていました。

金額よりも確率を取った私は「プチ」を20枚購入しました。
ネンマツジャンボ・プチ
手前のメモ帳は宝くじを20枚以上買った人にプレゼントだそうです。

年末まで一千万円当たったら何をしようか考えながら過ごします(笑)
一番やりたいのはお仲間とのガッチャマン・オフ会合宿だな~
どこかの温泉でDVDのオールナイト上映とか
ジョーや諸君を肴に飲み会とか・・


遠出、延期

2016.11.27(22:26)

この週末、大人の休日パスを使って少々遠出を企んでいましたが
天気が今一つなので、今週の水曜日と土曜日に延期。
それぞれ違う場所に日帰りで出かけます。
でも一応つながりがある、はず(笑)
週間天気予報ではどちらの日も天気がよさそうなので
目いっぱい遊んでくるつもりです
(歩きすぎて筋肉痛?)
計画しながら一番楽しいのは、お昼を何処で何を食べるか? 
寒くなってきたので暖かいものが良いな
出先なので欲張って甘いものも・・ ←肥えます~~


最近の記事

  1. サントリー美術館へ(12/03)
  2. 衣替え?(12/01)
  3. 角館へ(11/30)
  4. プチ(11/29)
  5. 遠出、延期(11/27)
次のページ