麗しのサブリナ

麗しのサブリナ
 1954年  アメリカ

大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)は
主の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋心を抱いているが
彼女の父は身分違いの恋を忘れさせるため娘をパリへ送り出す。
2年後、洗練された淑女に変身した彼女が帰国すると、デイヴィッドはすっかり夢中に。
婚約中の弟を案じる長男ライナス(ハンフリー・ボガート)は、
やがて自分もサブリナが好きなことに気付き……。

ファッション用語の「サブリナパンツ」はこの映画から生まれたそうで・・。
カジュアルな格好も流行のスーツもドレスも着こなすヘップバーンは
ファッション雑誌を眺めているようでとってもキュート。

最後ヘップバーンは兄弟のどちらと結ばれるのか結構ドキドキ。
屋敷の使用人の皆さんの対応も面白かったわ。
クラシックカーが並ぶシーンは車好きにはたまらないかも。

W・ホールデンは壮年になってから出演した「ワイルドバンチ」や
「タワーリング・インフェルノ」の印象が強いので
この映画の軽いプレイボーイ役がとっても新鮮(笑)
この後「慕情」も見てしまい、思いがけずホールデン祭りとなった先週でした。

[ 2013/10/21 17:09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する