訃報

昨日は中途半端な記事を挙げてしまい、
何を言いたいのか判らずに戸惑われた方もいらっしゃたかもしれません。

実は昨日、あるガッチャマンサイトの管理人さんの訃報に接しました。

我が家にPCが来て、思い切って「ガッチャマン」を打ち込んで検索。
そこで知ったネット上で現在進行形だったガッチャマンの世界。
その中にずっと読みたいと思っていたガッチャマンの二次創作を
夢のような数ほど納めてるサイトがありました。
毎夜、遅くまで読み浸り至福の時を過ごしました。
サイトへ通う方々の交流も活発で
私がフィクを書き始めるきっかけにもなった場でした。

しばらく御無沙汰していた中での突然の訃報で言葉がありません。
心より御冥福をお祈りいたします。
私に心の拠り所を与えていただきありがとうございました。

[ 2014/02/03 10:20 ] ガッチャマン | TB(0) | CM(2)
>フィクを書き始めるきっかけに
そうか・・へいさんもそうでしたね。

淳もかのサイトでフィクを読み自分でも書き始めました。
そして読書感想文が大の苦手だった自分がフィクに初めて感想(コメント)を書き入れたのがRさんのフィクでしたっけ。

残念ですね。淳よりお若いのに。
まだまだやりたい事がたくさんあったのでは。
色々考えてしまい、いまはちょっぴり落ち込んでいます。

[ 2014/02/04 14:32 ] [ 編集 ]
☆朝倉 淳さん
どこかの国に「人が死ぬことは図書館を一つ失うことだ」
ということわざがあるそうですが
さゆりさんについては図書館を五つは無くした気がします。
あれだけの才媛をこんなに早く失うとは、
全く残念としか言いようがありません。
[ 2014/02/04 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する