お熱いのがお好き

お熱いのがお好き
お熱いのがお好き
  1959年  アメリカ

禁酒法時代真っ只中のシカゴ。
ギャングの抗争による虐殺現場を目撃した二人のバンドマン、
ジョー(トニー・カーティス)とジェリー(ジャック・レモン)は、
ギャングの追っ手をかわすためマイアミ行きの楽団に応募する。
しかしその楽団は女性のみで構成されていたため、二人は女装する羽目に。
そこで歌手のシュガー(マリリン・モンロー)と知り合い、ジョーは彼女に好意を持つ。
彼女に男として近づくためジョーはマイアミでシェル石油の御曹司に化けてシュガーに接近、
更に女装したジェリーに、大富豪のオスグッド3世が猛烈アタック開始!
二組のカップル(?)の恋が進行する中、二人を追っているギャングの親玉までマイアミに現れて・・

トニー・カーティスとジャック・レモン目当てで見ました。
二人の厚化粧、苦しいです。
でも笑いました。
特にマラカスを振りながら彼(?)との逢瀬の様子を話すジャック・レモンが可愛いの(笑)
モンローもセクシーよりもキュートで「I want to be loved by you」を歌う様子はチャーミング。

なおこの映画がモノクロなのは二人の厚化粧の不気味さを和らげるためだと
後に監督(ビリー・ワイルダー)が語ったとか(午前十時の映画祭HPより)
でもモンローはモノクロなのが不満で、撮影中機嫌が悪かったそうです。



またこの作品は「是非吹き替えで」というコメントを目にしました。
どれどれ・・・
トニー・カーティスを広川太一郎さん、ジャック・レモンを愛川欽也さん、
モンローを向井真理子さん!
これは機会があれば吹き替え版も見てみないと!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あー、これこれ!
ケーキの中から刺客が出て来るシーンがあったでしょう?
ガッチャマンFで健ちゃんがケーキの中から出てくる元ネタではないかと思うんです(笑)

>トニー・カーティスを広川太一郎
あーん、「ダンディ2」をまた見たくなってしまったわ♪

はいは~い

☆があさん
>ケーキの中から刺客が出て来るシーン
はい、ラスト近くにありました~
・・でも全く「F」は思い浮かびませんでした(爆)
無印は映画を連想させるシーンが多くありましたが、「2」や「F」は構図の悪さが目に付きましたからね~

レンタルビデオさんから吹き替え版のDVDを借りてきてしまいそうe-343

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録