バンクーバーの朝日

バンクーバーの朝日
  2014年 日本

1900年代初めのカナダ・バンクーバー。
日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは
激しい肉体労働、低賃金による生活苦、また白人からの差別にも苦しんでいた。
そのような中、製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、
豆腐屋のトム三宅(上地雄輔)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは
野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、試合に臨んでいた。
体格や体力に劣る「バンクーバー朝日」はリーグ最下位に沈んでいたが
バントや相手チーム選手の細かいデータを取って弱点を攻めるなどして徐々に力をつけて行く。
カナダ人からも声援を受けるようになったチームは優勝争いにも絡むほどに成長する。
しかし太平洋戦争の影が刻々と近づいてきて・・。


予告を見て興味が湧いたので鑑賞。
埋もれていた歴史の中の出来事を丁寧に丁寧に描いています。
が。丁寧過ぎて作品の流れ全体が平坦な印象を受けます。
野球のシーンがなかなか出てこなくて、やっと出てきても選手のモチベーションが低いよ・・
なんだか楽しんで野球をしているようには見えないの。
だから後半のレジーの「野球が好きだ」というセリフが全く響かないんですよね~

最終戦の結末ももっとはっきり描けば、見ている方も「よっしゃぁ~!」という気分になれるのになぁ。
万年Bクラスのイーグルスが優勝した時の追体験が出来るかと思ったけれど、ちょっと肩すかし。
細かい事を言えば「朝日」が属しているリーグの規模も良くわからないし。
(地元のグラウンドばかり使用していたからバンクーバーの地区リーグ?)
最後「朝日」のその後をもっと追って欲しかったけれど、これは原作本を読めってことか?(笑)
私にとっては予告編が一番面白かったです(大笑)


役者さんたちは皆さん好演だったと思います。
でもユースケ・サンタマリアや本上まなみの役は何のために出てきたのかな?(笑)

あとね~ 隣で見ていた御夫婦が御自宅の居間で見ている御気分のようで、大変残念でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録