侠飯(おとこめし)

侠飯
  福澤徹三  文春文庫

卒業を目前にしながら就職が決まらない大学4年生・若水良太の一人暮らしの1Kマンションに
そのスジと思われる男が2人転がり込んでくる。
出て行ってくれ! ・・とは怖くて言えずにそのまま同居生活に突入!?
しかしこの男の作る食事が無駄に美味しい。
さて、男たちはいつまで居座る?

はい、はっきり言います、ジャケ買いです(笑)
本屋で見かけて古本屋さんで購入しました ←おい!!(だって半額なんだもん)
小説と言うより簡単レシピ集でしょうか?
活字も大きく一気に読めます。
冷蔵庫にある物で作る簡単レシピ、安い食材やレトルト食品を美味しく食べる方法、
その他食材や調理法のウンチクが並びます。
しかし貧乏大学生宅にオイルサーディーンの缶詰があるか? と突っ込んだりしちゃったりったりして~
ま、この本をヒントに幾つか料理を作ってみましょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

くっはぁ~やばい!表紙のイラストでやられたv-238
内容はノーマル?へいさんが買うんだもんノーマルだよね…でも気になるぅ~

☆和子さん
わはは、和子さんも表紙に魅かれました?
なんかね、ついふらふらと手に取っていました(笑)

>内容はノーマル?
そうなのよ~、今回は残念ながら(爆)
でも私、今市子さんやよしながふみさんの作品を読みますよe-343
プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録