旋風江シリーズ

すっごく久しぶりのカテゴリー「三国志」(笑)

以前から読んでみたかった朝香祥さんの
通称「旋風江シリーズ」を全て古本屋さんでGETしました。

これは三国志を構成する三国の中でも一番マイナーと言われる呉の基礎を築いた
孫策と義兄弟の周瑜を軸に書かれたシリーズです。
三国志の入門編として読みやすい、と検索で知って探したのですが
なにせ初版が1997年なので既に本屋にはなく、
古本屋さんを探し歩くこと幾星霜 ←大げさな
本日ようやくコバルト文庫から出版されている分を
全巻を揃えることが出来ました。

全タイトルは

旋風(かぜ)は江を駆ける 上・下
江のざわめく刻(とき)
二龍争戦 ~星宿、江を巡る~
鳳凰飛翔 ~華焔、江を薙ぐ~
旋風(かぜ)の生まれる処 上・下
青嵐の夢
華の名前
花残月
約束の時へ
(以上コバルト文庫)

さらに
「運命(さだめ)の輪が廻るとき」 が角川ビーンズ文庫から
「天翔る旋風 三国志断章 」が単行本として角川書店から出ていました。
こちらもおいおい探してみようと思います。
さて久しぶりに三国志にどっぷりと浸かるか、途中で惰性になるか・・?
面白いと良いなぁ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録