プリデスティネーション

プリデスティネーション
  2014年  アメリカ

原作はロバート・A・ハインラインの「輪廻の蛇」。
時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェント(イーサン・ホーク)は
爆弾魔を検挙するため、バーテンダーとして1970年のNYに潜入していた。
ある晩、彼が勤めるバーに来た青年ジョン(セーラ・スヌーク)の生い立ちを聞き
エージェントはジョンを自分の後継者としてスカウトする。

この手のSF作品はあまり見ないのですが(途中で理解できなくなるので)
レディスデーだったのと、上映時間が97分と短いので
これなら私でも理解できる内容かな~、と鑑賞。
途中ジョンの打ち明け話が長くて、この話は一体何処へ行くんだ?と思いましたが
え? は? こことここが繋がって・・!
はぁーー!? 最終的には一本になるのかー?!

どう書いてもネタばれになるので、これ以上は書けなくてごめんなさい。
重要なセリフや場面は繰り返し出してくれていましたので
私でも何とか話についていけたと思います。
役者さんたちが上手いし、厳しい話なのに暖かい想いも感じられて
見て良かったと思える作品でした。
原作も読んで見ようかしら?

今日はレディスデーなので混むかと思いましたら
小さなお子さん連れのお母さんたちが目立ちました。
幼稚園はもう春休みなのですね。
そろそろ小中学校も春休み。
人の動きが活発になる季節です。
[ 2015/03/18 23:42 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する