おみおくりの作法

おみおくりの作法(原題 STILL LIFE)
おみおくりの作法
  2013年 イギリス・イタリア

公務員のジョン・メイ(エディ・マーサン)は、
ロンドン南部ケニントン地区で亡くなった身寄りのない人々の葬儀を執り行う仕事をしている。
いくらでも事務的に処理できる仕事だが、律儀な彼は常に死者に敬意を持って接し、
亡くなった人々の身内を捜すなど力を尽くしていた。
そして身内が見つからない時に初めて葬儀を手配し、
自ら弔辞を書きBGMを選び、礼を尽くして彼らを見送っていた。
ある日、近所に暮らす男性が孤独死し、ショックを受けるジョン・メイ。
さらに人員整理で解雇を言い渡されてしまう。
ジョン・メイは「最後」の仕事として男性の身内を探し始めた。

コツコツと仕事をこなすジョン・メイの日常が静かに丁寧に描かれていきます。
序盤は台詞も少なく役者さんの演技で見せます。
最後の仕事となった故人の家族を探す過程で徐々にストーリーが動き出し
固かったジョン・メイの表情が和らいできて・・。

それなのに、突然ストーリーが急転直下!
おいおい、それはちょっと唐突過ぎるだろう? とジタバタする私。
納得いかないわ、ここまで引っ張ってきて何でそーなるのよ!?
でもラストシーンに救われるのです。
そうか、そうなるのね・・
彼の仕事の集大成を見せてもらえたのね・・
(でもやっぱりあの展開は納得いかない ←まだ言っている(笑))

ところでイギリスにはハーゲンダッツの500mlカップがあるらしいです!!
是非食べたいですーー ←肥えます!!


今日は仙台へ映画を見に出たので、春休みの息子たちに昼食はどうするか聞くと
「近所の某ラーメン屋へ行って食べたい」と。
あそこのラーメンなら一杯800円?
たまにはトッピングも欲しいだろうから、と奮発して二千円渡す。
帰宅するとテーブルにレシートが。

 チャーシュー醤油 980円(たぶん次男)
 全部のせ塩   1100円(たぶん長男・不足分は自腹よ!)

金額的にも腹具合的にも目一杯食べたわね(笑)
[ 2015/03/20 22:22 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する