四年と二ヶ月

今回、ちょっと生々しい話があります。苦手な方は読み飛ばして下さい。

先月松島のマリンピアに行った時、松島海岸駅に
御遺体が見つかっているのに身元が分からない方々の似顔絵ポスターが
掲示されていました。
手描きの似顔絵と身につけていた衣類・指輪・時計等の情報が載っています。
指輪や時計は有力な情報だと思うのですが、未だ見元不明のままです。
その中のお一人に「おかげ様で身元が分かりました」という表示が。
時間はかかりましたが御家族の元に戻られたようです。
一人でも多く、早く、身元が判明しますように。

午後、上空にヘリコプターの音。
あの日以後、ヘリコプターの音を聞くと苦しくなります。
毎日何回も何回も、近くの施設に御遺体が運ばれ、検視が行われていました。

当時その施設の前を通ると「見える」人には「見えた」そうです。
私はそちらの方面は全く鈍感なのですが、見えても不思議はないな、と。
御家族のお迎えを待っていたのでしょう。
沿岸部にもこの手の目撃話が多くあるそうです。
そして見た人も話を聞いた人も怖がることなく
「そういうこともあるだろうね」と受け入れてしまうのだとか。
幻でも「お帰り」と迎えたいですものね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録