あれから

70年目の未明、仙台は空襲の被害を受けました。
この日に亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

空襲による死者は2,755人(当時仙台市に籍のあった1,066名を死者数とする説もあり。
疎開してきた方たちの被害も尽大だったのでしょう)
市街地の23%が消失し、広瀬川沿いの西公園から仙台駅が見えたそうです。
仙台城の大手門や伊達政宗の墓所である瑞鳳殿等の多くの文化財も消失しました。

現在仙台市内に伸びる青葉通り・広瀬通り・定禅寺通りなどは
戦後の復興計画で作られた道路です。
各道路のケヤキ並木は戦後に植栽されたもので
仙台の戦後復興を見届けてきた生き証人です。
この先もずっと町の繁栄を見守ってもらいたいものです。


今日は梅雨明けを思わせる晴天で気温も高くなりました。
週末は更に気温が上がりそうです。
皆さんも熱中症にお気を付け下さいね。

[ 2015/07/10 06:00 ] 日々雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する