映画一言感想

今月映画館で見た映画の感想をちょっことだけ。

<王様と私>
 「シャル・ウイ・ダンス?」の音楽が有名ですが、作品は初見。
 元々が舞台だったとのことで最初はオーバーアクション気味の演技に驚きましたが
 徐々に慣れまして・・(笑)
 デボラ・カーの美しい肌に、リタ・モレノの愛らしさにため息、
 ユル・ブリンナーの「エトセトラ、エトセトラ・エトセトラ!」に笑い・・
 ユル・ブリナー演じる王様は国の近代化のために努力しますが
 本人はいざという時に権威的な態度が出てしまい苦悩します。
 そして革新的な教育をうけるであろう皇太子が
 やがて新しい国を作る未来を予感させて物語が終わります。
 しかしシャム版「アンクルトムの小屋」は画期的でした。


<悪党に粛清を>
 マッツ・ミケルセン主演のウエスタン、と聞けば見に行くしかないわけで(笑) 
 町を牛耳る絶対的な悪役がいて、それに追従するしかない住民たち。
 そこに一人(あ、協力者が一人いました)立ち向かう主人公。
 ウエスタンの要素がしっかり詰まっています。
 しかし砂埃が舞うなどウエスタンらしい場面設定ばかりなのに
 カメラが写しだす風景が、乾いた清潔感と言うのでしょうか、
 汗臭くなくてカラっとしているんですよね。
 ロケ地が南アフリカというのも関係あるのかしら?


<ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション>
 途中でついついガッチャマンの場面を思い浮かべてしまいます(笑)
 「三日月基地の最期」の息を止めるシーンとか、
 カウンターの数字が減っていく場面とか。
 お猿のサミーを連想させる細工もありました。
 しかし トム・クルーズもアレックス・ボールドウィンも、いい感じに年を重ねたなぁ(しみじみ・・) 



8月の備忘録

書籍
 白石一郎  おんな舟 十時半睡事件帳  講談社文庫 講談社

漫画
 荒木弘   銀の匙14 サンデーコミックス 小学館
 雲田はるこ 昭和元禄落語心中8 ITANコミックス 講談社
 びっけ   王国の子6 ITANコミックス 講談社

映画
 王様と私(第三回 新・午前十時の映画祭)
 悪党に粛清を
 ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション
 還らざる河(DVD)
 情婦(DVD)

[ 2015/08/31 15:49 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する