一匹ぼっち

我が家の金魚が一匹、旅立ちました。

子供たちが小学校低学年の時に
夏祭りの金魚すくいで連れてきた金魚たちも徐々に減り
残った2匹のうちの一匹がいなくなったので
現在水槽には最後の一匹が静かに泳いでいます。

金魚の直接の飼い主は長男なので報告しました。

「・・そう、仕方ないよね。震災も生き抜いたのにね。でも12年だよ」

長男の記憶に寄ると、すくってきたのは長男が小学校2年生の時なのだとか。
震災の時も下駄箱の上に置いていた水槽が玄関に落下して金魚たちも投げ出されました。
慌てて私と次男が拾っている所に長男も帰宅し拾い集めました。
なんだかんだと長男の人生の半分以上を共に過ごしたことになります。

最後の一匹が何時まで生きるかは分かりませんが
出来るだけ長いお付き合いが出来ますように。

[ 2015/09/03 23:15 ] 日々雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する