兵馬俑展

昨日、上野の国立博物館・平成館で開催されている
特別展「始皇帝と大兵馬俑」を見てきました。
兵馬俑展

世界史で必ず習う初めて中国を統一した秦の始皇帝。
彼の陵墓からは多くの副葬品が見つかりましたが
更に陵墓近くから約八千体にも及ぶ陶製の兵士や馬などの
「兵馬俑」が発掘されたのが1974年。
当時、等身大でリアルな兵馬俑がずらりと並んだニュース映像に
子供心にも驚いた記憶があります。

これまでも何回か日本での兵馬俑の展示はあったそうなのですが
大きな中国の流れの中の一つ、という捉え方での展示で
兵馬俑がメインとなるものでは初めてなのだそうです。

私が好きな三国志の時代からは四百年程昔ではありますが
当時の衣食住雰囲気を感じたく、丁度JRで割引切符が売り出されている期間でもあり
日帰りで行ってみました。

上野駅では、無事新幹線ホームから公園口に出るまでが第一の関門。
親切な表示のおかげで時々立ち止まりながらも無事到着~
そこからは人の流れに乗って国立博物館へ。

音声ガイドを借りて、いざ入場です。
秦の国の成り立ちから、周辺諸国を従えていく過程で得た技術や品物、
中央集権・単位・貨幣の統一という政治を進めるうえで使われた品物、
当時の住居の様子や武器などが紹介されています。

そして目的の兵馬俑が並ぶ展示室へ・・

リアルです。
一枚一枚綴られた鎧、丁寧に編み結いあげた髪、靴の裏に付けられた滑り止め。
一つの像の周りを何回もぐるぐる回って鑑賞です。

順路の最後に兵馬俑(複製ですが)を撮影できる場所があったのでパチリ。
兵馬俑・複製 兵馬俑・座射兵士


しかし己の広大な陵墓に万里の長城に兵馬俑の軍団。
大がかりな土木工事のために、国中からどれだけの人夫を集めて作らせたのやら・・
国民の怨嗟をかい、秦がわずか二代で滅んだのも分かる気がします。

お土産は展示物の便覧、一筆箋、兵馬俑の形のチョコレート ←肥えます!


見学後は博物館の庭園をふらふらと散策。
庭園
天気が良いので気持ち良いです。

山茶花も咲き始めました。
サザンカ

こちらは、スイフヨウ。
スイフヨウ
夏の花のイメージがありますが、まだ幾つも咲いていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

行かれたのですね。うらやましい!

確か巡回でこちらにも来るので今回はあきらめました。
が、来年の7月予定ですって!
そんなに先だったけー?待ちきれないよー。・・・と嘆いております。

>子供心にも驚いた
私もそうです。
中国は好きではないけど、こーいう事のダイナミックさには素直にすごいなーと思います。

☆朝倉 淳さん
開催されることを知り、是非行きたいと思い立ち、寒くなる前にと行ってきました。

実物を前に心の中で「きゃあぁぁぁ~~!!」とミーハーしながら
兵馬俑に張り付いて、頭から足先まで堪能(?)して来ました。

>ダイナミックさ
実物が並んだ様はどんなにか素晴らしいでしょうね。
でもさすがに本土まで行くパワーは無いなぁ・・
プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録