四年と十ヶ月

今日は成人の日で鏡開きで東日本大震災から四年と十ヶ月目。

鏡開きは夕食にあんこ餅を。
既製の鏡餅を開けたら切り餅が3個(笑)
夫1個、娘と私が1/2個、次男が1個、それぞれいただきました。

私などはすっかり震災の影響無く生活出来ています。
それでも買い物に出れば、沿岸部へ土地かさ上げ用の土砂を運ぶトラックを見ます。
仙台へ出れば「常磐線、浜吉田行きは・・」との駅構内アナウンスに
未だ全線開通していない常磐線の存在に気がつきます。
昨日の成人式では震災当時中学校三年生だった新成人が
「地元のためになる仕事に就きたい」と話していました。
遅々とした歩みかもしれませんが、被災した方々が
昨日よりも少しでも生活しやすい環境に近づいている、と信じたいですし
そのために働いてくれている多くの方々の存在を心に留めて生活していかなくては、と
11日が巡ってくるたびに思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録