殿、利息でござる!

殿、利息でござる!
  2016年 日本

江戸時代中期の仙台藩吉岡宿。
当時、金欠の仙台藩は百姓や町人へ容赦なく重税を課し
吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し破産や夜逃げが相次いでいた。
疲弊した宿場町を救うため、
造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と茶師の菅原屋篤平治(瑛太)は
藩に大金を貸しつけ、そこで得た毎年の利息を地域の住民に配ることを思いつく。
しかしこの計画が明るみに出れば打ち首は確実・・!
それでも十三郎や篤平治は宿内の協力者たちと共に、
仙台藩に貸し付ける千両(約三億円)の大金を水面下で集めるため
私財を投げ打ち計画を進める。

全国公開に先駆けての宮城県先行上映で鑑賞。
平日の昼過ぎの回でしたが、わぁあ、混んどる、混んどる!(笑)
流石地元が舞台&藩主役で羽生選手の出演が話題になっている作品です。

予告での印象は「コメディ時代劇」でしたが、実際は人情話でした。
全編にユーモアを漂わせながら、胸が熱くなる場面も。
登場人物は多いですが、役者さんがしっかり演じていて
キャラクターがはっきりしているので分かりやすいです。
個人的には仙台藩・出入司(財政担当)役の松田龍平さんと
代官役の堀部圭亮さんが良かったです。

中盤以降伏線が回収されてきて、ほぼお話が見えてきた所で羽生藩主登場。
思ったより台詞もありましたし、演技もなかなか。
(でも畳の端を踏むのはいかんよ)

出番は少ないけれど、しっかりお話を締めていたのは山崎努さん。
山崎努さんで始まり、山崎努さんで終わる演出がにくい。
主題歌の(「上を向いて歩こう」byRCサクセション)も良かったです。
エンドロールも短いし ←そこ?(笑)

もう一回、見に行きたいと思う作品でした。
いつ行こう?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録