ピーターラビット展

今日は仙台駅東口のギャラリーで開催されているこちらに。
ピーターラビット展ちらし

作者であるビアトリクス・ポターの生誕150年を記念した原画展です。
以前彼女を主人公にした映画「ミス・ポター」を見たので
彼女の育った環境や仕事の内容は何となく覚えていました。

原画1点1点は思っていたよりも小さい・・!
最初の何点かは鉛筆による素描でしたが
ほとんどがインクと水彩画で描かれた繊細な絵でした。
それなのに絵によっては油絵のように重厚な印象も。

実は私、ピーターラビットのお話をちゃんと読んだことがありません ←おいっ!
お父さんがパイにされてしまった、というのは知っているのですが ←そこっ!?

お土産。
おみやげ
紅茶のティーバッグ詰め合わせ、タオルハンカチ、ジャム。

紅茶
紅茶
紅茶を飲み終わった後、ケースはミニファイルとして使用できます。

紅茶とドライフルーツのジャム。
包装にも
ジャム
瓶にもピーターラビット。
ジャム・瓶

この展示は全国を回っているのですね。
仙台では2月の1日までで、次は大阪で、その後は広島で開催だそうです。

[ 2017/01/25 23:06 ] お出かけ | TB(1) | CM(4)
昨年の夏には渋谷にいたピーター。
寒さにもめげずに仙台に出没したのですね。元気そうでよかった(笑)

>原画1点1点は思っていたよりも小さい
そうでした。
ムーミンの原画もそうですが細かいので見るだけでも根気が要ります

湖水地方の風景も美しくて癒されました

突然ですが、トラバさせていただきました<(_ _)>
[ 2017/01/26 15:44 ] [ 編集 ]
わ~、行かれたのですね。
そう、こちらは来月からです。
もう何回も見に行っているのにまた行きたくなるから不思議です。
楽しみ~。

>お父さんがパイに
そ、そこ!?
確かに家系図ではお父さんはパイの絵になっていますが。 (^_^;)


[ 2017/01/26 16:47 ] [ 編集 ]
☆があさん
>元気そうでよかった
はい、元気に会場内のあちこちにe-343

当日は会場一番乗りだったので、周囲を気にすることなく
細かい部分を見るために眼鏡をはずして絵に顔を近づけて・・ ←危ない人です(笑)

湖水地方は映画でも美しい風景でしたが
ポターさんの絵からは暖かさと清々しさも伝わってきました。

※トラックバックをありがとうございました
[ 2017/01/27 22:58 ] [ 編集 ]
☆朝倉 淳さん
最終日近くになって、やっと行ってきました。

思っていたよりも展示数も多く、
また作品だけではなくポターさん縁の品々もあって面白い展示でした。

>お父さんがパイに
どこかで耳にして、よほど印象に残っていたようです (^_^;)

[ 2017/01/27 23:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

ビアトリクス・ポター生誕150周年、ピーターラビット展
今日はピーターラビットの日本では初めての原画展ということで久しぶりに渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムへ行ってきました。大雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、そのほうが空 ...