アンタッチャブル

今日も気温高め。
外に出るときは日焼け止めが必須になってきました。

で、今日は「午前十時の映画祭8」から「アンタッチャブル」を見てきました。
この作品はTVシリーズ「アンタッチャブル」を
パラマウント映画が創立75周年記念として映画化したものです。
禁酒法時代化のシカゴで、財務省の捜査官エリオット・ネスが3人の仲間と共に
町を牛耳るギャングのボス、アル・カポネ摘発に乗り出します

映画館で見るのは2回目。TVでも2~3回は見ています。
さすが会社の記念作品、重厚な仕上がりです。
見せ場が次々、途中くすっとさせる場面もはさみつつ
さぁ、法廷での逆転はあるのか・・?

主演のケビン・コスナー、若いですね~(笑)
正統派二枚目でジェームズ・スチュワートを思い出させる雰囲気を持っています。
そしてショーン・コネリー、渋いですね~
セリフが全部決まっています。

そして今回初めて気が付いたこと。
アンディ・ガルシア演じるイタリア系警官「ジョージ・ストーン」の本名が「ジュゼッペ・ペトリ」!
更に彼は銃の名手。
こんな「萌え~」な設定が、なぜ今まで琴線に触れなかったのでしょう?
不思議です。
これからこの作品を見るたびに頬がにやけてしまいそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録