伝える

今日は地元中学校の卒業式でした。

今回卒業する子たちは震災の時、小学校2年生だったのか、
あの日を、あの時を覚えている最後の世代のなるのかな・・などと
考えているうちに、日常の中でも子供たちの年齢を
「あの時幾つだったか」を基準にしているいることに気が付きました。

いずれ震災を知らない年代が増えてきます。
その子たち地震の際にどう身を守るのか、
揺れの後に気を付けることは何か
ライフラインが無くなった時にどう生活していくのかを
伝えていかなくてはなりません。

孫のちいにも、もちろん娘夫婦がしっかり教えるでしょうけれども
私からも彼女の年齢に合わせた話し方で伝えていかなくては、と思っています。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

へい

Author:へい
近頃とみに記憶力が落ちてきた
おばさんの備忘録

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
読書備忘録